簡単なまとめ
・招待制SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)のmixi(ミクシィ)において、参加者1万人を超える人気コミュ「話のつまらない男に殺意を覚える」にて、このコミュニティに投稿されたコメントなどをまとめて出版すると言う話が持ち上がった。

管理人と某編集との強行的手段により、話はどんどん進んでいく。
そんな中、出版されて売れた場合の印税などはどうなるの?と言う疑問がメンバーより出る。
管理人は「答えられない」の一点張り。
さらにメンバーから色々な質問が相次ぐ。
すると管理人は自分に都合の悪いコメントや質問は削除し、さらに都合の悪いメンバーはコミュニティから退会処分にされる。
元々このコミュニティは誰でも参加できる自由な物だったが、出版騒動が始まってからは、管理人の承諾なしでは参加できなくなっている。

当ブログからの要望
・今回の騒動及び強制退会者と現コミュニティ会員に対する管理人(ドレミファ氏)からの誠意ある謝罪文。
・mixiコミュニティ「話のつまらない男に殺意を覚える」の開放(以前のように自由に参加でき、自由に書き込める環境へ戻す)
・出版計画の中止

リンク:小学館へのお問い合わせ
2ch現行スレ:【mixi】話のつまらない男に殺意を覚える 2 [過去ログ]

 ○すぐわかる!事件に関する流れ(ドレミファ問題今北産業の人へ)

 ○ご意見・ご要望・削除依頼はこちら

※リンク等は許可不要ですのでご自由にどうぞ!





♪♪ぴったりの美容室を見つけよう!ヘアスタイルを変えたくなったら、Cocobi♪♪

2006年12月23日

日経新聞のサイトのプレスリリースに掲載の記事

MBJ、話題のコミュニティー「話のつまらない男に殺意を覚える」を書籍と電子書籍で刊行

mixiで注目度ナンバーワンのコミュニティが単行本に!
『話のつまらない男に殺意を覚える』書籍と同時に電子書籍で刊行決定!!
2006年12月22日よりiモード、EZweb(*WIN端末)で先行独占配信開始


 電子書籍配信事業を展開する株式会社モバイルブック・ジェーピー(東京都千代田区 代表取締役社長:野村虎之進、以下MBJ)は、MBJが運営する携帯電話向け電子書籍サイト『どこでも読書』(iモード、EZweb公式サイト)で小学館の『話のつまらない男に殺意を覚える』のダイジェスト版を2006年12月22日(金)から、先行独占配信します。


◆『話のつまらない男に殺意を覚える』
 mixiで注目度ナンバーワンのコミュニティ「話のつまらない男に殺意を覚える」。「場の空気の読めない男」や「キモ(くて)ツマ(らない)上司(男)」など、数ある体験談の中から秀逸な書き込みをチョイスし、管理人・ドレミファ氏によるツッコミと《殺意レベル》をつけて単行本化。そのダイジェスト版を電子書籍で全5回にわたり、毎週金曜日に配信します。書籍単行本は、小学館から同時刊行。


元々その場のノリや雰囲気ではじめたブログだし、この事件に関しては自分自身でも結構どうでも良くなってきていますので、久々の更新です。

>mixiで注目度ナンバーワンのコミュニティが単行本に!
これは言いすぎでしょうwそこまで知名度はないと思いますが?

>数ある体験談の中から秀逸な書き込みをチョイスし、管理人・ドレミファ氏によるツッコミと《殺意レベル》をつけて単行本化。
それってよくある、2ちゃんねるまとめサイトみたいなもんかな?
その程度の作業で書籍化して印税が手に入るって、今はいい時代ですなw
mixi会員ならただで見れた書き込みを、金を取って配信するんですね。

ドレミファさんもいろんな手で稼ごうと必死ですねw


nikei20061222.gif
posted by mixiドレミファ問題絶対許さない at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | mixi殺意コミュ本(小学館) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。