簡単なまとめ
・招待制SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)のmixi(ミクシィ)において、参加者1万人を超える人気コミュ「話のつまらない男に殺意を覚える」にて、このコミュニティに投稿されたコメントなどをまとめて出版すると言う話が持ち上がった。

管理人と某編集との強行的手段により、話はどんどん進んでいく。
そんな中、出版されて売れた場合の印税などはどうなるの?と言う疑問がメンバーより出る。
管理人は「答えられない」の一点張り。
さらにメンバーから色々な質問が相次ぐ。
すると管理人は自分に都合の悪いコメントや質問は削除し、さらに都合の悪いメンバーはコミュニティから退会処分にされる。
元々このコミュニティは誰でも参加できる自由な物だったが、出版騒動が始まってからは、管理人の承諾なしでは参加できなくなっている。

当ブログからの要望
・今回の騒動及び強制退会者と現コミュニティ会員に対する管理人(ドレミファ氏)からの誠意ある謝罪文。
・mixiコミュニティ「話のつまらない男に殺意を覚える」の開放(以前のように自由に参加でき、自由に書き込める環境へ戻す)
・出版計画の中止

リンク:小学館へのお問い合わせ
2ch現行スレ:【mixi】話のつまらない男に殺意を覚える 2 [過去ログ]

 ○すぐわかる!事件に関する流れ(ドレミファ問題今北産業の人へ)

 ○ご意見・ご要望・削除依頼はこちら

※リンク等は許可不要ですのでご自由にどうぞ!





♪♪ぴったりの美容室を見つけよう!ヘアスタイルを変えたくなったら、Cocobi♪♪

2006年11月01日

お知らせ及びご意見・ご要望の受け付け

○当ブログ管理者からのお知らせ

・現在、コメント及びトラックバックは承認制となっております。

当ブログと無関係な内容のトラックバックは受け付けておりません。
コメントは当ブログ管理者の裁量により掲載の不可を決定します。
なお、同一IPの連続投稿と思われるコメントは全て破棄します。


ご意見ご要望などありましたら、このスレッドにお願いします。


削除依頼の方は下記のコメント欄より
【名前】
【メールアドレス】
【削除範囲】
【削除理由】
などをご記入ください。

正当性やその他の確認作業後に削除いたしますので、今しばらくお待ちください。
また勝手ながら、当人および権利を有する方以外の削除依頼には応じかねますのであしからず。
posted by mixiドレミファ問題絶対許さない at 11:11| Comment(6) | TrackBack(0) | mixiでの出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 驚く事に、ドレミファは24時間体制でコミュを監視しています。あくまで疑念で断定ではありませんが、複数人でドレミファを演じているとしか思えません。当然、ドレミファを祭って「出版化に同意」している人達にも共謀者が沢山いるんだろうと思います。彼等を含め、ドレミファは、実は、Kプロダクションの人間なんじゃないでしょうか?

また、その出版化を進めようとするにあたって、コミュニティで疑問や否定的な見識を投げかけられると全て荒らしと糾弾し強制退会に処し、その人数は数十人に及びます。
 これを以って、ドレミファは「参加者には出版化の同意を得た」と主張していますが、単に言論統制を行ったに過ぎず、このまま出版化されると著作権の侵害となるのは自明かと思います。また、賛同者にはサクラが大量に入り込んでる疑念もありますし。
 参考となる判例がひとつあります。ラグジュアリーホテルの話題で盛り上がったブログを、コメントした人々の許可を得ずに管理者が「ホテル・ジャンキーズ」と題して出版してしまいました。当然、そのブログは炎上し、管理者はすかさず閉鎖しましたが、メンバーが別に立ち上げたブログをベースに裁判にまでこぎつけ、出版した管理者は敗訴しています。

 個人的な事ですが、わたしはこの本を持っていて、情報的には実に質が高いと思います。一方、当該コミュの内容は、普通の神経ではとても読むに耐えません…。彼氏いない同盟の共謀的傷の舐め合いとしか思えないのですが、こんなの本当に出版したがるとこがあるんでしょうか?
Posted by マヌケスネーク at 2006年11月10日 15:33
驚く事に、ドレミファは24時間体制でコミュを監視しています。あくまで疑念で断定ではありませんが、複数人でドレミファを演じているとしか思えません。
当然、ドレミファを祭って「出版化に同意」している人達にも共謀者が沢山いるんだろうと思います。彼等を含め、ドレミファは、実は、Kプロダクションの人間なんじゃないでしょうか?

また、その出版化を進めようとするにあたって、コミュニティで疑問や否定的な見識を投げかけられると全て荒らしと糾弾し強制退会に処し、その人数は数十人に及びます。
これを以って、ドレミファは「参加者には出版化の同意を得た」と主張していますが、単に言論統制を行ったに過ぎず、このまま出版化されると著作権の侵害となるのは自明かと思います。
また、賛同者にはサクラが大量に入り込んでる疑念もありますし。
参考となる判例がひとつあります。ラグジュアリーホテルの話題で盛り上がったブログを、コメントした人々の許可を得ずに管理者が「ホテル・ジャンキーズ」と題して出版してしまいました。
当然、そのブログは炎上し、管理者はすかさず閉鎖しましたが、メンバーが別に立ち上げたブログをベースに裁判にまでこぎつけ、出版した管理者は敗訴しています。

個人的な事ですが、わたしはこの本を持っていて、情報的には実に質が高いと思います。
一方、当該コミュの内容は、普通の神経ではとても読むに耐えません…。彼氏いない同盟の共謀的傷の舐め合いとしか思えないのですが、こんなの本当に出版したがるとこがあるんでしょうか?
Posted by マヌケスネーク at 2006年11月10日 15:40
はじめまして。

書籍板にこちらのブログ紹介したいのですが。。
業界の人間にこの件を知ってもらえればと思います。


許諾頂ければ幸いです。
ご検討の方どうぞよろしくお願いします。
Posted by K-One One at 2006年11月11日 00:30
>K-One Oneさん

リンク引用等はご自由にどうぞ。
Posted by ブログ「mixi(ミクシィ)の独裁管理人を許さない!」管理人 at 2006年11月11日 12:43
分かりやすい少額訴訟のやり方のリンクとか付けられないですかね。
インターネット相談している弁護士の人のコメントが欲しいところです。
5万円くらいならもらえるかなぁ。弁護士つけて対抗してくるかなぁ…。
Posted by 鳩 at 2006年11月22日 08:49
書籍板のスレが2になりました
最初のやつはhtmにして保存しました
必要ならmixiでメッセ下さい
Posted by KJ at 2006年11月28日 23:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27023801
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。